簡単にN700系がわかる【りか旅】

「せっかく新幹線に乗るなら楽しみたい。誰か新幹線を解説してくれないかなぁ。」

そんな悩みに答えます。!

今回は新幹線を紹介します。出張や旅行で新幹線を使うこともあるでしょう。ただの移動が社会見学に早変わりです。

なお、僕は「りか旅」と銘打って理科をテーマに旅をしています。これまで6カ国、13都市を旅しました。研究者として生計を立てつつ、サイエンス・エバンジェリストとして科学技術を世間に伝えるための教育活動もしています。実際に足を運んで周った体験を基に記事を書いていますので、記事の信頼性が担保できるかと思います。

というわけでさっそく見ていきましょう。

それではいきましょう!

日本を代表する新幹線兄弟N700系

新幹線といえばN700系というほど、とても有名な新幹線車両ですよね。

N700系の前身として、700系があります。700系は1999年にデビューしました。JR東海では0系、 100系、300 系を経て登場したのが700系です。ちなみに200系、 400系、500系は、JR東日本やJR西日本にあります。特徴としては700系では各車両両端の座席にコンセントが設置されています。最高速度は285km/hです。速度を上げるため、エアロストリームと呼ばれる先頭形状になっています。

2007年にデビューしたのがN700です。公衆無線LANを装備し、コンセントは窓側(A・E席)、最前部・最後部にあります。最高速度は300km/h。エアロダブルウイングと呼ばれる先頭形状になっています。これはさらに空気抵抗を抑え走行速度を上げるために設計された形状です。

2013年に亜種のN700Aがデビューしています。ちなみにAdvanceのAを付け加えています。

そして、新車両N700Sが登場しました。みていきましょう!

ニュースターになるN700S

画像

今年2020年からN700Sが登場しました。

N700Sは全席コンセントがつきました。これまでは窓際の席が人気でした。これは景色を楽しめることに加えて、コンセントを利用できるために利用客が多かった事情があります。コンセントがいずれの席でも利用できるとなると、窓際席の混雑は少しは緩和されそうですね。

技術的にもアルミニウムの水平リサイクルをおこなってかつての車両を生まれ変わらせているのです。見えないところでも最新技術が使われているのは、ワクワクしますよね。

新幹線の車両メーカー

このような新型車両はどのようなメーカーが開発しているのでしょうか。

新幹線の車両は、主に3社でシェアを分け合っているようです。川崎重工業、日立製作所、日本車輌製造がシェアを分け合っています。JRのそれぞれの会社ごとに、お得意先のメーカーがあるようです。例えば、JR東海の車両は日本車輌製造が多く、JR東日本やJR西日本の車両では川崎重工が多いそうです。

最後に

新幹線を語るには“エアロダブルウィング”、“時速300km”、“新型N700S”、この3つを覚えておくとツウぶることができそうです。